福島第2原発...廃炉に「44年」 東京電力、燃料取り出し22年目

 

 東京電力は22日、福島第2原発(楢葉町、富岡町)の全4基の廃炉作業の着手から完了までに44年を要するとの見通しを示した。使用済み核燃料プールで保管中の燃料約1万体は、廃炉期間の折り返しとなる22年目までに取り出しを完了させる方針で、敷地内に新設する貯蔵施設での一時保管を経て全量を県外に搬出する。

 東電が22日、富岡町で開かれた町議会全員協議会で策定中の廃止措置計画の主要項目を示した。東電は昨年7月に廃炉を正式決定した際「40年を超える期間が必要」としており、終了までの期間を具体的に示すのは初めて。

 廃炉は工程ごとに4段階に分けて進める方針。先行して廃炉に取り組む他の電力事業者の計画や、福島第1原発の廃炉作業に必要となる人員との兼ね合いを踏まえ、段階ごとに必要となる期間を試算した。

 第1段階の解体準備に10年、第2段階の原子炉建屋周辺設備の解体に12年、第3段階の原子炉本体の解体と第4段階の建屋解体を各11年とし、全工程終了に44年かかる見通しとなった。

 「廃止措置計画」年内に提出方針

 東電は年内にも廃炉終了期間などを盛り込んだ廃止措置計画を国の原子力規制委員会に提出する方針で、認可を受け次第、廃炉作業に着手する。