「新型コロナウイルス」福島県が感染拡大防止向け対策推進会議

 

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、県は22日、県庁で対策推進会議を開き、対応状況を確認した。新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく政府対策本部の設置に合わせ、県は県対策本部を設ける方針で、県内で患者が出た場合、対応を1段階引き上げ、予防・まん延防止に努める。

 県は現在、医療機関に対して発熱などを訴える患者に中国・武漢市への渡航歴を確認するよう通知しているほか、中核市保健所と各保健福祉事務所で県民からの相談に応じている。

 県内で発生が確認された場合、県対策本部会議を開き、対応を協議。予防・まん延防止に向けて患者とその接触者の健康観察を実施するほか、医療機関に帰国者、接触者に対応した外来設置と入院病床の確保を求める。さらに県民生活に混乱が生じないよう、生活用品やマスクなどの買い占めをしないよう要請する。県は「マスクの着用や手洗いなど通常の感染症対策が有効」(地域医療課)としており、引き続き注意喚起していく。