若松西バイパス沿い「工場跡地」再開発へ 物販店やこども園に

 

 会津若松市神指町の国道118号若松西バイパス沿いの工場跡地に、園芸用品などを取り扱う物販店や幼保連携型認定こども園などが建設されることが23日、分かった。

 敷地は約11万7096平方メートルで、住宅建材製造大手の大建工業(大阪市)が所有。4月にも造成工事が完了し、物販店やこども園のほか、遊技場、住宅展示場、自動車修理工場、分譲住宅などが段階的に建設される見込み。