「磐城高」センバツ出場決まる! 21世紀枠、46年ぶり春甲子園

 

 第92回選抜高校野球大会(センバツ、3月19日から13日間・甲子園球場)の出場32校を決める選考委員会は24日、大阪市で開かれ、磐城が21世紀枠で出場を決めた。春夏通じて10回目の出場で、センバツ出場は1974(昭和49)年以来46年ぶり。

 磐城は昨年の秋季県大会で3位となり、昨年10月に岩手県で開かれた秋季東北大会で92年以来の秋8強入りを果たした。大会後は、選手が同市の台風19号の浸水区域で災害ごみの撤去などに取り組んだ。

 県勢の21世紀枠での選出は、01年の安積、13年のいわき海星に続き7年ぶり3校目。磐城は71年夏の準優勝が最高成績で、春は2度出場して未勝利。組み合わせ抽選会は3月13日に大阪市で開かれる。