車内からメモ発見...死ぬことほのめかす いわき・母子4人死亡

 

 いわき市の水石山公園駐車場に止まっていた乗用車内から母と中学生3人の計4人が遺体で見つかった事件で、車内から死ぬことをほのめかすような内容が書かれたメモが見つかっていたことが26日、捜査関係者への取材で分かった。いわき中央署が事件との関連を詳しく調べている。

 捜査関係者によると、車内で見つかったメモには具体的な動機などは書かれていなかったが、4人が死亡したことに関連する内容が含まれていたという。「(死亡した)4人を刺した」などと話し、入院中の同市の男(51)を含め、車内にいた5人のうちの誰かが書いたメモとみられるという。

 遺体で見つかった同市の吉川美奈子さん(43)と息子で中学3年の歩夢(あゆむ)さん(15)、双子で中学2年の茅乃(かやの)さん(13)と海音(かいね)さん(13)の4人の自宅からも子どもが友人宛てに書いたとみられるルーズリーフに書かれたメモが見つかっており、同署は車内で見つかったメモとの関連を調べている。

 いわき市にある県内唯一の国宝建造物である白水阿弥陀堂で26日、文化財防火デーに合わせた消防訓練が行われ、参加者が火災発生の際の対応を確認した。