「白水阿弥陀堂」確実に火の守り! 文化財防火デー・消防訓練

 
訓練に取り組む消防署員ら=26日午前、白水阿弥陀堂

 いわき市にある県内唯一の国宝建造物である白水阿弥陀堂で26日、文化財防火デーに合わせた消防訓練が行われ、参加者が火災発生の際の対応を確認した。

 訓練には同市の内郷消防署や地元の消防団などから約80人が参加。阿弥陀堂西側の山林から出火し、強い風で火の粉が飛び散って阿弥陀堂や近隣住宅に延焼する恐れがある―との想定で行われた。

 訓練では阿弥陀堂の職員が119番通報を行い、初期消火を実施。駆け付けた消防署員が延焼拡大を防ぐため、水幕ホースを使い水のカーテンをつくった。