福島県内の指定医療機関「新型コロナウイルス感染」発生に備え

 

 政府が新型コロナウイルスによる肺炎を「指定感染症」とする政令施行を1日に前倒しするなど、影響が広がっている。必要に応じ患者が入院することになる県内の感染症指定医療機関も発生に備え、準備を進める。

 県内唯一の「1種」に指定されている福島医大病院(福島市)は、新型コロナウイルスが疑われる症状を確認した場合、院内で感染症を担当する感染制御部に連絡するよう通達を出している。近く院内向け研修会を開催する予定だ。

 白河厚生総合病院(白河市)は医師や看護師らが着用する防護具を新たに2週間分発注。新型インフルエンザなどの感染症を対象にした訓練で対応を確認しているほか、マスクやガウン、ゴーグルなどの着脱訓練も予定する。福島医大会津医療センター病院(会津若松市)は患者を病棟に受け入れる場合の動線を確認するなどして準備を進める。公立岩瀬病院(須賀川市)は県中保健福祉事務所と連携を取りながら、感染症患者の受け入れ要領を再確認。担当者は「会議などで情報収集に努め、状況を注視していきたい」とする。

 感染症指定医療機関は全国に約400ある。県内ではこのほか福島赤十字病院(福島市)、いわき市医療センター(一部休止中)なども指定されている。