いわき市、「20歳成人式」継続方針 式の名称は変更予定

 

 いわき市の清水敏男市長は4日、成人年齢が20歳から18歳に引き下げられる2022年度以降の成人式について、現状のまま20歳を対象に開催する方針を示した。式の名称は変更予定。

 市によると、対象年齢を18歳まで引き下げた場合、23年の成人式の出席者は18~20歳の約9千人で従来の3倍。現行の式の開催が困難になる。

 昨年、市が高校生らを対象に実施した調査では20歳での実施を望む回答が大半だった。

 県内では、会津若松市も成人式の対象年齢を20歳で維持する方針。