福島県「新型肺炎」感染者2人受け入れ クルーズ船から病院へ

 

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で起きた新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の集団感染で、県は14日、感染した乗船者2人を治療のため県内の感染症指定医療機関で受け入れたと発表した。受け入れは県内初。

 県によると、13日午後5時ごろ、厚生労働省から感染者2人を受け入れてほしいと要請があり、県が受け入れ先の調整を進めた。2人は14日午前に下船し、昼前に厚労省が手配した救急車1台で横浜市を出発、午後3時25分ごろ、県内の同じ病院に運ばれた。2人は他の患者とは隔離され、室内の空気が外に出ない陰圧室に搬送されたという。

 県は個人情報保護などの観点から氏名や年齢、性別、症状、国籍などを公表しておらず、「受け入れ先の病院と他の患者の混乱を避けるため」として病院名も明らかにしていない。

 クルーズ船を巡っては感染者の増加に伴い関東地方以外の医療機関で患者を受け入れる動きが広がっており、本県も受け入れ態勢を取っていた。

 県内にある感染症指定医療機関と病床数は福島医大2床、福島赤十字病院6床、公立岩瀬病院6床、白河厚生総合病院4床、会津医療センター付属病院8床、いわき市医療センター6床。県は今後も国から要請があれば対応する方針だが、県内での発生も想定して「(受け入れるかどうか)総合的に判断したい」としている。

 14日、県庁で記者会見した戸田光昭保健福祉部長は受け入れに当たって感染防止に万全の体制を取っていることを強調。「病院の患者や県民に感染が拡大することはないので安心してほしい。その上でせきエチケットや手洗いなど通常の感染症予防策を引き続き取ってほしい」と求めた。