ネコ駅長・らぶ『チョコっと』感謝! 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅

 
チョコを受けとり、らぶと触れ合う園児

 バレンタインデーの思い出にしてもらおうと、会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で14日、バレンタインイベントが開かれた。2代目名誉ネコ駅長の「らぶ」が駅の利用者らにチョコレートを贈り、感謝を伝えた。

 芦ノ牧温泉駅を守る会が、駅の利用者へ日ごろの感謝の気持ちを込めて毎年行っている。らぶがメッセージカードとチョコレートを手渡し、利用者はらぶとのつかの間の触れ合いを楽しんだ。同市の大戸報徳保育園の園児ら9人も駅を訪れ、チョコレートを受け取った同園年少クラスの女の子(4)は「ふわふわでかわいかった。握手もした」と笑顔で話した。

 施設長「ぴーち」(オス)も登場し、2匹の姿に駅の利用者らは癒やされていた。