鶴ケ城で『光』体感!グランドマッピング アイヅテラス始まる

 
光の絵を踏むと花火に変化する「グランドマッピング」で遊ぶ親子=鶴ケ城本丸

 会津若松市の鶴ケ城本丸をイルミネーションで彩り、光の「体感」も楽しめる「体感!光の杜ミュージアム(愛称・アイヅテラス)」が14日、始まった。3月1日までで、点灯時間は午後6時~同8時(金、土曜日は午後9時まで)。

 実行委の主催、東北電力会津若松支社とユアテック会津営業所の協力。本丸内の松の木約20本は雪つりするロープが青いLED(発光ダイオード)で彩られ、ライトアップされた天守閣と共に美しく輝く。

 地面に投影された光の絵を踏むと花火に変化する体感ゾーン「グランドマッピング」などが人気を集めている。

 28、29の両日午後6時からは、来場者が願い事を書いた「祈りのスカイランタン」を空に浮かべるイベントが行われる。限定30個。