いわき・鹿島街道「崖崩れ」対策工事着手 4車線が2車線規制

 
工事に関する看板を設置する作業員=25日午前、いわき市鹿島町

 いわき市鹿島町久保の県道(通称・鹿島街道)で昨年8月に発生した岩山の崖崩れの対策工事に着手した。4車線の県道は現在、2車線に規制されている。工事が順調に進めば、6月ごろに3車線、10月ごろに4車線を確保できる見通し。

 同日は、施工業者が工事を知らせる看板2枚を現地に設置した。今後、工事する部分の樹木の伐採などを行う。3月10日ごろから岩の撤去や仮設防護柵の設置を実施。斜面の緑化を施すなどして、来年3月末ごろまでの工事完了を目指している。