Jヴィレッジに足形手形「プレート」設置 本田圭佑選手ら9人

 
設置された香川真司選手ら9人の足形や手形のプレート=Jヴィレッジ

 聖火リレーの出発地となるJヴィレッジ(楢葉町、広野町)に25日、元サッカー日本代表監督アルベルト・ザッケローニ氏をはじめ、香川真司選手や本田圭佑選手ら9人の足形や手形のプレートが設置された。

 広野町のNPO法人ハッピーロードネットが寄贈。震災前に地元の高校生のアイデアをきっかけに、当時の代表選手ら27人が製作に協力した。

 足形の多くは常磐道ならはパーキングエリアに展示されているが、予備で保管していた9人分を設置した。同NPOの西本由美子理事長は「Jヴィレッジを訪れた子どもたちが自分の足と選手の足形を重ね合わせ、笑顔になってくれれば」と願った。