クルーズ船・下船の5人は郡山在住者 船内で感染の恐れなし確認

 

 郡山市は25日、ダイヤモンド・プリンセスからの下船者について、県内在住者7人のうち5人が市内在住者だと発表した。市保健所は2週間程度、健康状態を確認する。

 市保健所は個人情報保護などを理由に5人の性別や年齢、国籍などは公表していない。5人は船内で14日間の健康観察期間中に感染している恐れがないことが確認されている。

 市保健所は3月6日まで、感染症担当者が電話で症状の有無などを確認する。新型コロナウイルスによる感染症の疑いが確認された場合は、感染症指定医療機関で適切な医療が提供されるよう調整する。対象者には不要不急の外出を控えることなどを要請した。