立ち入り規制も緩和 大熊・一部解除、吉田町長「復興の一里塚」

 
14日の全線再開を控え、避難指示が解除された大野駅北側。駅周辺の河津桜も咲き出していた=5日午前10時15分、大熊町

 東京電力福島第1原発事故に伴う避難指示がJR大野駅周辺など帰還困難区域の一部で5日午前0時に先行解除された大熊町では、早朝から住民や復興関係の車両が行き交った。

 事故を起こした原発が立地する同町の避難指示解除は昨年4月の大川原地区などに次いで2回目。今回は駅の利用を可能にすることが主な目的で、大野駅や周辺の道路など約28ヘクタールが解除された。

 駅につながる道路は自由に往来できるが、道路に面した住宅や商店などの避難指示は維持されるため、新たに帰還対象となる住民はいない。解除に合わせ、大川原地区に隣接する野上、下野上の両地区計約290ヘクタールで立ち入り規制も緩和された。

 吉田淳町長は5日、大野駅前で記者会見し「今回の避難指示解除と立ち入り規制の緩和は、町全体の復興に向けた長い道のりの一里塚だ」と語った。