福島の市街地に「テナントビル」建設 11月・グランドオープン

 

 福島市の中心市街地に4階建てのテナントビル「Lamp120(ランプイチニーマル)」が建設されることが18日、分かった。11月にグランドオープンする予定。さまざまなイベントが開かれる「街なか広場」の西側に位置し、福島駅前通りに面している。喫茶店などが入る予定で、建設を手掛ける不動産賃貸業の阿部商事(福島市)は「まちなかの活性化に貢献できるよう努める」としている。

 阿部商事が18日発表した。「街なかににぎわいを!」との思いで計画されたビルで、鉄骨4階建て。延べ床面積は約840平方メートル。駅前通りと街なか広場に面したテラスを備えた開放感ある構造で、テナントのほか展示などに使えるレンタルスペースを整備する。26日に地鎮祭を行い、4月に着工、10月に完成する予定。