いわきに「オンライン幼稚園」開設  自宅の園児と先生が始業式

 
ビデオ会議システムで会話を楽しむパソコン画面上の園児や先生

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で臨時休園しているいわき市勿来町のなこそ幼稚園は4月27日、自宅待機する園児に楽しい時間を過ごしてもらおうと、幼稚園と複数の園児をインターネットでつなぐオンライン幼稚園を開設した。

 同じクラスの園児や先生らと交流する時間を確保し、不安やストレスを和らげる目的。カメラ付きパソコンやスマートフォンなどで複数人が同時に会話できるシステム「Zoom(ズーム)」を活用している。

 初日はテスト配信を兼ね「な・こ・そZOOM幼稚園」の始業式を行い、パソコンなどの画面を通じて園児や先生が再会した。生活リズムを保つ狙いもあり、同28日からは各クラスの予定に合わせて園児がZOOM幼稚園に参加。先生と一緒に歌を歌ったり、紙芝居やダンスなどを楽しむ。