相馬市が「電話相談窓口」開設 初の新型コロナ感染者確認受け

 

 相馬市で初めて男性1人の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、市は2日、不安を持つ市民に対応するため電話相談窓口を設けた。

 男性は一時、市内病院の感染症対策病棟に入院していたが、医療関係者は防護服やフェースガードなどの対策をして対応。陽性発覚後は中等症の症状が出ていることから福島医大の感染症病棟に転院しており、今後は症状の緩和に応じて医療機関を移る見通し。

 市役所で2日に会見した立谷秀清市長は「現時点でクラスター(感染者集団)発生はないと思われるが、徹底的な調査をして打つべき対策があれば考えていきたい」とした。

 電話相談窓口(電話090・6853・7013、090・6853・7012、090・8255・6880)は、平日に加え、6日までの大型連休中も対応する。時間は午前8時~午後8時。