「次亜塩素酸水」無料配布!飯坂の茶舗分店 緊急事態解除まで

 
ペットボトルに次亜塩素酸水を入れる橋本社長

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、福島市飯坂町の寿楽園茶舗の分店・湯らっとさばこちゃんでは、次亜塩素酸水を無料配布している。期間は緊急事態宣言の解除まで。

 除菌用品の入手が困難になっていることを受け、橋本圭介社長が4月下旬、3日ほどかけて生成器を自作。水道水に微量の食塩を溶かした食塩水を、電気分解して作っている。PH試験紙でPH6.5(微酸性)と有効塩素濃度も確認済みで、せっけんやアルコールよりも除菌力に優れているという。配布は1人1回2リットルまで。容器は持参する必要がある。橋本社長は「健康に気を付け、何とか乗り切りましょう」と話している。

 時間は午前10時~午後5時。通常の定休日は月、火、水曜日。問い合わせは寿楽園茶舗へ。