田村市にマスク3000枚贈る 郡山のエコ、高齢者施設運営が縁

 
本田市長(左から2人目)にマスクを手渡す吉田副社長(同3人目)

 介護事業などを展開するエコ(郡山市)は8日、田村市にマスク3000枚を寄贈した。同社が田村市でグループホームを運営していることを縁に、感染症予防を目的に寄せた。

 吉田サト子副社長が市役所を訪れ「重症化しやすい高齢者のため、福祉や医療関係施設で活用し、感染症予防に役立ててほしい」と本田仁一市長に手渡した。

 大橋栄喜取締役人事担当、鈴木まゆみ県中ブロック長が同行した。