福島医大病院・鈴木弘行院長に聞く 「病院一丸で医療提供」

 
「医療スタッフが恐怖を抱えながら業務に当たっていることを理解してほしい」と語る鈴木院長

 新型コロナウイルスの重症患者を受け入れている福島医大病院の鈴木弘行院長が福島民友新聞社の取材に応じ、県内医療の「最後のとりで」として通常医療を提供しつつ、新型コロナウイルスに感染した重症者に対応している現状について「大変な状況ではあるが、病院が一丸となって医療の提供を続けている」と表現した。

 ―新型コロナウイルスの感染者に対応している福島医大病院の医療スタッフの現状は。

 「一般の患者への感染が危惧されるので、新型コロナウイルスの感染者に対応する看護師や医師は、新型コロナではない患者には対応しないよう、スタッフを分けている。そのために感染者に対応する特定のスタッフにストレスが大きくかかっているのが現状だ。自分が感染してしまうかもしれないという恐怖を抱えながら業務に当たっているということを、皆さんに理解していただきたい」

 「医療スタッフはプロフェッショナルとしての意識を持って仕事をしているが、一人の人間であり、日々たくさんのストレスにさらされている。そのため医大病院では、精神看護の専門看護師が対応している。通常はさまざまな病気を抱えた患者のメンタル面のサポートに当たっている専門看護師だが、今は感染者に対応する看護師の所にも足を運び、悩みを聞いてもらっている。このサポートが医療スタッフ全体に行き渡っているかというと、マンパワーの問題でなかなか難しい部分もある」

 「若いスタッフには小さい子どもがいる人もいる。自宅に帰って家族に感染させてしまうのではないかという心配が大きい人もいるため、病院としては自宅に帰る前にシャワーを浴びてもらっているほか、どうしても心配だという人には、看護師の寮に宿泊してもらう対応を取っている。ただ施設面で十分な対応ができない事情もあり、今後の課題となっている」

 ―医療スタッフへの対応として今考えていることは。

 「感染者に対応するスタッフに対しては、具体的には手当を増やすなど日々の業務上でのケアに加えて生活面も含めたさまざまなケアが必要だと考えており、病院として検討を進めている。社会全体で医療従事者の負担や対応への必要性に認識を持っていただければありがたい」

 ―感染防護具などの資材は不足していないか。

 「医大病院は県内唯一の第1種感染症指定医療機関。そうしたこともあってか今のところ、発注してから納入されるまで通常より時間を要することはあっても、決定的な物資不足の状況には陥っていない。また、各方面からさまざまな医療資材の寄付を頂いており、患者の診療に大切に使わせてもらっている」

 ―医大病院は感染者の中でも重症者に対応する役割を担うが、実際には現在、重症者以外も入院していると聞く。今後より重症者に特化していく考えは。

 「医大病院として重症者への対応に特化していくことを基本姿勢としているが、初めから重症者と分かっているケースばかりではなく、進行の速い感染者もいる。場合によっては重症以外の中等症などの患者を受け入れなければならないこともあると考える」

 ―進行が速いという意味では、ほかの病院に入院した中等症などの感染者が重症化した場合、医大病院で迅速に受け入れる対応が必要になる。

 「搬送に関しては県の役割として調整が行われているが、患者の急な変化に対応できる態勢は医大病院としてすでに取っている。県や保健所の要請に柔軟に対応する」

 「症状に応じて対応する医療機関・宿泊施設が決められており、中等症などの感染者が重症化した場合とは逆に、重症患者が回復してほかの病院に転院する場合もある。現在、県医療福祉情報ネットワーク協議会で活用の準備を進めている『キビタン健康ネット』が活用できるようになれば、こうした転入院の際に医療機関の間で診療情報などを迅速に共有できるため、医療現場においてより適切な診断・治療が可能となる。このことは患者にとってとても大切なことであると同時に、刻一刻と適切な対応を求められる現場の医療従事者の負担軽減にもつながる」

 ―このほか、医大が果たしている役割は。

 「県のコロナ感染症対策アドバイザーを医大の感染症対策の専門家が務めている。また県内のいろいろな所に感染症対策の専門家を派遣して、教育研修会を開いたり、現場で指導を行ったりしている」

 ―新型コロナへの対応に伴う通常の医療への影響は。

 「福島医大病院は高度な医療を提供する『特定機能病院』。ここでなければ受けられない患者の治療をしっかりやりながら、感染者に対応している。現在、通常の医療を明らかに制限している状況ではない。患者が全体的に外来受診を控えるなどして少なくなっているというのはあるが、必要な診療、治療は現時点でしっかりやっている。なかなか大変な状況ではあるが、一丸となって医療の提供を続けている」