「少しでも癒やしを」海の生き物動画で アクアマリンふくしま

 
カワウソの撮影に臨む職員

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で休館の続くいわき市小名浜のアクアマリンふくしまは、自宅で過ごす人たちに海の生き物などについて興味を持ってもらおうと、会員制交流サイト(SNS)で発信する内容を工夫している。

 ツイッターでは、ほかの水族館や動物園と共通の話題を配信する取り組みを実施。オンライン会議の画面で使える画像や、クイズ画像の投稿もして、注目を集めている。5日には「こどもの日」にちなみ、昨年5月に生まれたカワウソの子どもたちなどを特集。休館中でも元気に過ごす生き物たちの様子を紹介している。

 また、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルでは、新人スタッフが飼育員から生き物について教えてもらう様子の動画を投稿。トドの特徴について分かるようになっている。同館の担当者は「外出自粛でストレスがたまることが多いと思うが、元気な生き物たちの様子を見て、少しでも癒やしを感じてほしい」と話した。