行方不明の女児保護に貢献 薬剤師男性に感謝状、福島北署

 
佐藤署長から感謝状を受けた矢田部さん(左)

 行方不明の女子児童を発見、保護に貢献したとして、福島北署は18日、福島市笹木野、薬剤師矢田部浩一さん(39)に署長感謝状を贈った。

 矢田部さんは同市瀬上町のけや木薬局に勤務。15日午前8時35分ごろ、出勤前に市内を車で走行中、路上で泣きながら立ち尽くす女子児童を発見して同署に通報、署員が現場に駆け付けるまで見守るなどした。

 贈呈式は同署で行われ、佐藤仁康署長が矢田部さんに感謝状を手渡した。

 同薬局では、認知症の高齢者への対応として声掛けの研修を行っており、矢田部さんは「驚いたが、慌てることなく対応できた。事件事故に巻き込まれなくて良かった」と話した。