ネコ駅長「ラブノマスク」が大人気!かわいぃ~心和むデザイン

 
ネコ駅長「らぶ」、弟の元施設長「ぴーち」のかわいらしい姿が描かれている「ラブノマスク」

 芦ノ牧温泉駅を守る会は21日、会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で2代目名誉駅長を務めるネコ「らぶ」などのかわいらしい姿を描いたマスク「ラブノマスク」を発売した。初日は4種類合わせて約100枚を用意したが、1時間ほどで完売するなどファンの人気を集めている。

 マスクの製作は4月中旬ごろ、要望を受けて始まった。守る会の小林洋介さん(35)が「感染症の影響で不安な気持ちで過ごしているファンの心を和ませたい」との思いを込め、らぶ駅長と、弟の元施設長「ぴーち」の姿をデザインした。

 マスクは白のSサイズとMサイズ、黒のMサイズとLサイズがあり、いずれも1540円。守る会の公式オンラインショップや駅売店で購入できる。問い合わせは同会へ。