ひんや~り夏用「水着マスク」開発! 接触冷感機能の素材採用

 
接触冷感の素材で清涼感を持たせた夏用マスク

 水着の生地を使った「水着マスク」を製造販売する富樫縫製(二本松市)はマスクを着用した時に暑さを感じにくくするポリエステル素材を裏地に使った夏用マスクを開発し、布製マスクの新たな展開を進めている。

 夏用マスクは、同社製品を購入した人たちから「暑くても蒸れずに使えるマスクが欲しい」との要望を受けて製作。肌に触れる裏地に、吸水速乾性を高め、気化熱を拡散させる「接触冷感」機能を持つ素材を採用した。肌触りがよく、ひんやりと感じるマスクを作った。

 また「多品種少量生産」という同社の技術力を生かし、オリジナルデザインのマスクの受注生産も始めた。野球のユニホームにチーム名を入れ込むように、マスクに社名などを加えたり、デザイン画や写真をプリントしたりしている。同社のデザイナーが注文を受けて好みのデザインのマスクに仕上げる。

 価格は500円(税込み)。オリジナルマスクの注文はメール(info.web@s‐ji.shop)のみで受け付けている。詳しくは同社の公式ウェブショップ(https://s‐ji.shop/)へ。