元ラグビー日本代表・大野均選手「引退」...やり残したことない

 

 元ラグビー日本代表の大野均選手(42)=東芝ブレイブルーパス、郡山市出身=は22日、引退会見を開き、「これ以上選手としてやり残したことはない」と心境を語った。日本代表歴代最多キャップ98を持ち、ワールドカップ(W杯)3大会に出場したラグビー界を代表する鉄人は、穏やかな表情で19年に及ぶ現役生活を振り返った。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、会見はオンラインで行われた。スーツ姿の大野選手は引退を決断した理由として、1年前から両膝のけがに苦しんできたことを明かした。そして「チームの若い選手も台頭してきた。ここが潮時かなと感じた」とも語った。

 日本代表の躍進によるラグビー人気の高まりが、安心して後進に道を譲る理由の一つになったという。引退後の活動は所属チームと相談して決めていく。

 東日本大震災後は、復興支援に献身的に取り組んできた。「福島の人たちは強い人たちだと思う。その強さを見習ってここまでプレーすることができた。これからもラグビーを通して恩返しできれば」と県民へ感謝の思いを伝えた。

 大野選手「県民の強さ見習いプレーした」

 大野選手は現役生活の思い出をしみじみ語った。

 ―現役時代の印象に残る出来事は。
 「南アフリカを破った2015年のW杯と13年にウェールズに初勝利した試合。ウェールズには9年前に100点差で負けていたので、勝てた時は涙でグラウンドが見えなかった」

 ―ラガーマンとして大切にしてきたことは。
 「大学からラグビーを始めてパスもキックも下手で、自分がチームのためにできることは走ることと激しさしかなかった。グラウンドを離れたら応援してくれるファンを大事にすることを大切にしていた」

 ―感謝を伝えたい人は。
 「育んでくれた両親と地元後援会の皆さま。大型バスをチャーターして郡山市から何度も応援にきてもらい、その声援にとても勇気づけられた」

 ―引退後にやりたいことは。
 「娘とデートをしたい。週末も試合や合宿でゆっくりする時間がなかった。娘からは『お疲れさまでした』と言われた」