「雄国沼湿原」周辺の登山道利用制限 3探勝路、7月31日まで

 

 ニッコウキスゲなどで有名な北塩原村の雄国沼湿原は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、周辺の登山道の利用が7月31日まで制限される。村が3日、発表した。6月中旬から予定されていた喜多方市からのシャトルバスも運行しない。村などは雄国沼湿原の散策、雄国山登山の自粛を呼び掛けている。

 利用が制限されるのは同村から雄国沼に続く雄国せせらぎ、雄国パノラマ、猫魔ケ岳やまびこの3探勝路。同市から雄国沼までの雄国林道、中道地林道、大窪林道は今月13日から7月19日まで車両通行止め。

 シャトルバスの中止で県営萩平駐車場も閉鎖される。

 雄国沼湿原は6月下旬から7月上旬にニッコウキスゲが開花し、シャトルバスを毎年、約1万5000人が利用する人気の観光地。