福島・駒屋「新店舗」...2年半ぶり復活 父から継いだ番重菓子

 
芸術的な江戸番重菓子を作り上げている駒屋の須田さん

 福島市の和菓子店「江戸番重菓子 駒屋」が6日、同市御山の新店舗で約2年半ぶりに営業を再開した。2代目須田輝美さん(59)が、職人技で芸術的な番重菓子を作り上げている。

 番重菓子は江戸時代に女性が歌舞伎を鑑賞する際、口を大きく開けなくても食べられるようにと、江戸の職人が砂糖や寒天などで作り始めた和菓子。表面は硬く、中は軟らかいことから「半生菓子」と呼ばれる。四季折々の草花など花鳥風月を表現した美しい見た目や上品な甘さが特長で、お茶菓子や贈答用、土産品として人気を集めてきた。

 駒屋は須田さんの父村田吉男さんが1957(昭和32)年に同市新町で創業。2006年3月に父が亡くなってからも、須田さんが伝統の味を受け継いだが、菓子作りに欠かせない釜の老朽化などを理由に17年11月に店を閉めていた。

 須田さんは一度和菓子の世界から離れたが、福島市のふくしま未来研究会から経営支援を受けて営業再開にこぎ着けた。初日から復活を待ちわびていた多くの来店客でにぎわい、須田さんは「笑顔があふれるお店にしたい」と決意を語った。

 商品は1個80円(税別)で詰め合わせもある。住所は福島市御山字三本松7の1。営業時間は午前10時~午後6時。水曜日定休。福島、伊達両市の「味処大番」各店でも販売している。問い合わせは駒屋(電話024・502・3089)へ。