『へたれガンダム』ビームライフル盗難...代わりにモデルガンを

 
モデルガンが置かれた「へたれガンダム」像=9日午前、福島市平石

 福島市平石にある鉄製のガンダム像・通称「へたれガンダム」のビームライフルが盗まれていた事件で、地元住民が9日、なくなったビームライフルに代わり、像の手の部分にプラスチック製のモデルガンが置いてあるのを見つけた。

 地元住民らによると、モデルガンは8日夕方から9日午前にかけて置かれたとみられる。モデルガンの長さは約1メートルで固定されてはおらず、ガンダム像の左手と右の盾の間に持たされるような形で置いてあったという。

 地元の阿部克己平石区長(70)は「一番はビームライフルが戻り本来の姿が良いが、モデルガンのおかげで手持ち無沙汰の感じはなくなった」と話している。置かれたモデルガンは撤去せず、像の手に添える形にするという。

 ガンダム像は2010(平成22)年に制作。4月下旬から5月上旬の間にビームライフルが盗まれたとみられる。