医師名乗る男に福島医大病院「情報漏えい」 卒業生の携帯番号

 

 福島医大病院は11日、同大の卒業生69人分の携帯電話番号が流出したと発表した。流出したのは今月。以前、病院に勤務していた実在する医師を名乗る男から9日午後、医大病院の事務局に「患者さんに治療のことで連絡をしなければならないので、電子カルテを見て携帯電話の番号を教えてほしい」と電話があった。

 卒業生69人は医大病院の通院歴があり、電子カルテがあった。男の話を信じた男性職員は電子カルテを照会、9人分の携帯電話番号を伝えた。その後、再び男から電話があり、最初に対応した職員とは別の男性職員が2人分、女性職員が7人分の連絡先を教えた。

 2人分を教えた男性職員が不審に思い、上司に相談したことで、流出が発覚した。医大病院が調べたとこと、1日にも同じような電話があり、51人分の連絡先を伝えていた。

 医大病院は男性医師に確認したが、事務局に電話した事実はなかった。