東北電力、夏の基本料金「無料」 10万人限定、家庭向けに提供

 

 東北電力は25日、9月分と10月分の電気料金(主に8、9月利用分)のうち、基本料金を無料とする「夏得プラン」を本県などの営業エリアに住む各家庭向けに提供すると発表した。新型コロナウイルスで影響を受けている顧客の生活応援を目的としたプロジェクトの一環で、在宅時間が長くなっていることから、エアコンなどを使用する夏場の負担軽減につなげる。

 対象は、東北電の会員制ウェブサービス「よりそうeねっと」に登録し、電気料金プラン「よりそう+eねっとバリュー」などに契約した先着10万人の顧客。申し込みは7月1~31日、東北電ホームページ内の特設ウェブサイトなどで受け付ける。

 プロジェクトではこのほか、エアコンやエコキュートなどのリースを成約し、機器を設置した顧客全員にクオカード5000円分または1万円分をプレゼントする。さらに、対象の電気料金プランを契約した顧客の中から抽選で100人に「よりそうeポイント」を1万ポイント進呈する。対象期間は7月1日~9月30日。

 樋口康二郎社長(国見町出身)が25日、仙台市の本店で記者会見し「気温が高くなるこれからの季節、エアコンの使用などで在宅時間を快適に過ごしてほしい」と利用を呼び掛けた。