人気の古着や化粧品店など出店 会津若松「神明マルシェ」

 
大勢の若者らでにぎわったSPINNSの売り場

 会津若松市のメインストリート神明通りを会場にした「神明マルシェ」のフリーマーケットは28日、開かれた。東京・原宿のアパレル人気店「SPINNS(スピンズ)」や若い女性を中心に人気の韓国製化粧品を集めた「韓国コスメ専門店 くーこす」なども出店し、若い世代も含めた大勢の買い物客でにぎわった。

 神明マルシェは、神明通り商店街アーケード活用協議会が運営。新型コロナウイルス感染症の影響で本年度の開幕が遅れ、同日のフリーマーケットが第1回となった。今後は月2回、内容を変えながらマルシェを開いていくという。

 スピンズとくーこすは、神明通り商店街振興組合が若者が回遊する商店街を目指し展開する「空き店舗ハラジュク化プロジェクト」の一環で空き店舗に期間限定出店した縁がある。マルシェに合わせて再開店した。

 スピンズは春アイテムや古着を1000円均一で販売。くーこすは高校生ボランティアも販売に協力し、原宿などで販売している韓国ブランドの化粧品を扱った。

 通りには衣類や雑貨、ハンドメード品、地元野菜などを販売する約20店が並び、買い物客の活気であふれた。