ご当地ヒーロー4人動画投稿 観光復活に連携、福島県に誘客

 
ダルライザーの動画「ダルライザー南湖で休憩」

 県内各地のご当地ヒーローの4人が、新型コロナウイルス感染拡大の影響からの観光復活に向け手を組んだ。それぞれが「ヒーローの日常」と題し、古里の自然や観光スポットを紹介する動画を動画投稿サイト「ユーチューブ」に一斉に投稿することで誘客につなげる。会員制交流サイト(SNS)では、第1弾の動画を見た人から「行ってみたくなった」などの反応が寄せられている。

 動画を投稿するのは、白河市の「ダルライザー」、相双地方の「相双神旗ディネード」、西会津町の「丞神デナー」、いわき市の「いわき郷土戦士 ジャンガラー」。それぞれの感性で動画を撮影し、第1弾は21日に公開した。

 ダルライザーは「コロナで帰省できなかった人にも安らいでほしい」との思いを込め、白河市の南湖公園で本を読み、まったり過ごす姿を撮影。

 ディネードは「地元で食べていたものや風景を見て地元を思い出し癒やされてほしい」と、南相馬市の雲雀ケ原祭場地で松永牛乳の牛乳を飲むなどする動画を制作した。

 田園をひたすら走る動画を投稿したデナーは、「前向きなイメージを表現した。共に前向きに頑張っていこう」と話す。

 いわきの観光スポットを数多く撮影したジャンガラーは「海の魅力がたくさんあるのでぜひ見てほしい」と視聴を呼び掛けた。

 ヒーローたちは今後、7月21日に第2弾、8月21日に第3弾の動画を投稿する予定。

 今後は、ヒーローがお互いの地域を訪ね、地元ヒーローの案内で観光地などを巡る「ヒーロー散歩(仮称)」の投稿も計画している。

 動画のURLは、ダルライザー(https://youtu.be/RJcsFJlITZM)、相双神旗ディネード(https://youtu.be/tkZ1pGEUmUU)、丞神デナー(https://youtu.be/wThelDTWLZY)、いわき郷土戦士 ジャンガラー(https://youtu.be/D‐xJLAR5l_A)