出来たて!手作りおにぎり おむすび屋開店、磐梯・道の駅ばんだい

 
オープンした「おむすび屋cafe磐梯」

 出来たての手作りおにぎりを提供する「おむすび屋cafe磐梯」が3日、磐梯町の道の駅ばんだいにオープンした。地元産の食材にこだわり、注文を受けてから手作りして提供する。

 軽食コーナーの刷新に伴い開店した。磐梯町産の県オリジナル水稲品種「里山のつぶ」と日本の名水100選の「磐梯西山麓湧水群」の水で炊き上げたご飯を使用する。
 塩むすびをはじめ、梅や鮭、めんたいこなど7種類(1個当たり130~200円)を販売する。

おにぎりのほかには、里山のつぶの玄米で作った「里山めん」や有機玄そばを100%使った「そばソフト」などのメニューも充実している。

 営業時間は午前9時30分~午後4時30分。おにぎりの提供は午前10時30分~午後2時30分(ご飯がなくなり次第終了)。

 オープン初日は町内外から訪れた利用客らがおにぎりを買い求めていた。磐梯町の女性(77)は「開店を楽しみにしていた。おにぎりは思っていたより大きくて、おいしそう」と話していた。

 問い合わせは同駅(電話0242・74・1091)へ。