「只見線」おもてなしの旅!絶景ポイント低速走行や特産品販売

 
車内販売などを行ったおもてなし企画

 JR只見線の会津柳津―会津川口駅(金山町)間で4日、沿線地域の特産品の車内販売などを行う「おもてなし企画」が始まった。只見線の新たな魅力発信と誘客拡大に向けた県の事業の一環。絶景ポイントでは運転速度を落とし、乗客が列車の旅を楽しんだ。

 只見線地域コーディネーターの酒井治子さん(只見町)らが乗車し、あわまんじゅう、えごまアイス、天然炭酸水などを販売。乗客にパンフレットなどを配り地域の情報を伝えた。

 全国屈指の絶景スポットとされる第1只見川橋りょう、第3只見川橋りょう付近では列車がゆっくりと進んだ。

 昨年10月~今年2月にも実施した事業で、本年度は4月から開始を見込んでいたが、新型コロナウイルスの感染拡大で遅れていた。感染対策として、関係者はマスクやフェースシールドを着用してPRした。

 おもてなし企画は来年2月28日までの土、日曜日、祝日に行われる。詳しくは只見線ポータルサイト(https://tadami‐line.jp/)へ。