「通話せず119番」スマホで通報 聴覚・発話障害者向け、9月から

 
市町村担当者への使用法を説明会=6月26日、白河市立図書館

 白河地方消防本部は9月1日から、聴覚障害や発話障害がある人向けに「NET119緊急通報システム」の運用を始める。同システムを使用することで、スマートフォンなどの画面の操作によって119番通報ができるようになる。

 システムは、スマートフォンなどの画面上から救急や火事などを選択し、タップすることで通報することができる。衛星利用測位システム(GPS)で位置情報も同時に送信される。チャットを利用することで、詳細な通報内容も伝えることができる。

 システム利用には管内の市役所や町村役場などでの事前登録が必要となる。同本部は6月26日、白河市立図書館で市町村担当者への説明会を開き=同システムを開発したドーン(神戸市)の担当者が使用法などを説明した。

 同本部の松本和則警防課長は「このシステムを多くの人に知ってもらい、利用してもらいたい」と呼び掛けた。