人気ゲーム 「あつ森」に赤べこ、三春駒登場!郷土玩具10種類

 
県立博物館が提供する郷土玩具の画像で飾ったゲーム画面

 会津若松市の県立博物館は、ニンテンドースイッチの人気ゲーム「あつまれどうぶつの森(あつ森)」で使用できる収蔵資料の画像データの提供を始めた。第1弾は「ふくしまの郷土玩具」として、赤べこなど10種類を用意した。

 ゲームをきっかけに、本県の郷土玩具について学んでもらおうと企画。画像を取得できるQRコードと一緒に、それぞれの郷土玩具の説明文をホームページに掲載している。

 「あつ森」は無人島を舞台に町をつくり上げるゲーム。画像をゲーム内に取り込む機能があり、部屋に飾ったり、家具や服の模様に使ったりできる。国内外の美術館や博物館、服飾の有名ブランドが画像を提供し、話題を集めている。

 画像の取得は県立博物館のホームページから。問い合わせは同館(電話0242・28・6000)へ。

 画像を取得できる郷土玩具次の通り。

 赤べこ、起き上がり小法師、三春駒、三春張子狐面、白河だるま、富岡だるま、富岡張子ひょっとこ面、根子町人形恵比寿、土湯こけし、久之浜張子虎