郡山の40代男性感染 東京の同僚と会食、福島県内確認22日ぶり

 
新型コロナウイルス感染を確認した人数

 郡山市は10日、同市に住む40代の会社員男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。男性に症状はなく、市内の医療機関に入院した。県内の感染確認は6月18日以来22日ぶりで、計83人となった。

 市によると、男性は郡山市にあるアサンテ東北・福島支店に勤務している。男性は東京都で7月8日に感染が確認された本社勤務の同僚を含む4人と、6月28日に郡山市内の飲食店で2時間程度、会食をした。同29日には男性が同僚を乗せて車を運転し、県内の研修施設で行われた会議に出席したという。

 同僚は都内に戻った29日に発熱の症状が現れ医療機関を受診、7月8日に陽性が判明した。アサンテから連絡を受けた市保健所が同僚の濃厚接触者として男性と、会食を共にした他の2人のPCR検査を実施。他の2人は陰性だった。

 男性は1人暮らしで、市保健所は東北・福島支店に勤務する男性の同僚6人を濃厚接触者として検査する方針。