「保護猫カフェ」郡山で営業再開にゃ~! 感染防止対策を強化

 
約3カ月ぶりに営業を再開した保護猫カフェの猫

 NPO法人保護猫カフェlove.lab(ラブ・ラブ)が運営する郡山市静町の保護猫カフェ「ラブ・ラブ」は営業を再開した。

 同店は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月8日から休業していたが、今月6日に営業を再開。休業中に同NPOの君島貴之副理事長が改装し、猫カフェスペースの換気を良くし、消毒しやすい素材の壁につくり替えるなど、感染防止対策を施した。

 猫カフェの利用は1組(最大8人)ずつで、感染症対策の一環として当面の間ドリンクの提供を中止する。ペットボトルの持ち込みは可能。

 また入店時はマスクと靴下の着用、手指のアルコール消毒や検温を行う。万が一感染者が発生した場合に備え、身分証明書の提示や個人情報の記入を行う。体調不良の人に加え、県外在住者や1カ月以内に海外・県外を訪問した人は利用できない。同NPOの渡辺愛子理事長は「感染症対策を強化しているので、安心して利用してほしい。皆さまに笑顔になっていただければうれしい」と話している。

 時間は午後1時~同6時(最終受け付け同5時30分)。木曜日定休。料金は30分間で一般600円、中学生以下500円、60分間で一般1200円、中学生以下1000円。問い合わせは同カフェ(電話024・954・5530)へ。