『ボンズチア』今シーズンメンバー決定!客席巻き込んだ応援を

 
オーディションに合格したメンバーと候補生

 バスケットボールの福島ファイヤーボンズのチアリーダーズ「レイグリッターズ」2020―21シーズンメンバーが12日、決まった。新メンバーとなったNANAさんは「福島の女の子の憧れになれるように頑張りたい」と意気込みを語った。

 オーディションは同日、郡山市で行われた。正規メンバー9人と、運営業務を手伝いながら正式メンバーを目指す候補生2人の計11人が選ばれた。メンバーは今後、県内の試合やイベントなどに出演し、福島を盛り上げる。

 NANAさんは社会人になってからチアを始め、過去にはフットサルのFリーグや、アメリカンフットボール日本社会人Xリーグのチアリーダーとして活躍した。NANAさんは「客席を巻き込んだ応援がしたい」と決意。昨季に続きメンバーに選ばれたSHIORIさんは「昨シーズンは練習についていくのが精いっぱいだった。2年目は皆さんに成長した姿を見せたい」と話した。

 継続メンバー6人を含む13人が規定ダンス審査やグループ面接に臨んだ。福島スポーツアカデミーの加藤大樹代表理事、チアリーダーズディレクターの大沢真弓さん、チアダンススクールディレクターの橘沙織さんの3人が審査員を務めた。