「クーポン1000円分」7月17日から配布!福島県宿泊10万人に

 
県が17日に配布を始めるクーポン券

 新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた本県観光の再生に向け、県は17日、県内の旅館・ホテルなどの宿泊客延べ10万人に1000円分のクーポン券を配る新規事業を始める。土産物店や飲食店、観光施設を利用対象とし、宿泊費の補助事業で回復傾向にある旅行需要を周辺施設にも波及させる。県が15日、発表した。

 配布期間は9月30日までで、なくなり次第終了する。配布窓口は各市町村の観光協会や道の駅、観光案内所など県内約100カ所。観光客は宿泊先の領収書を窓口に見せることで、宿泊数にかかわらず1人2枚(1枚500円分)のクーポン券を受け取れる。利用期間は宿泊先の領収書の発行日を含めて3日間とする。

 クーポン券の配布窓口と利用できる施設は県観光物産交流協会のホームページ「ふくしまの旅」で16日午前10時から確認できる。問い合わせは同協会のコールセンター(電話0570・000337)へ。