紺野社長「町のにぎわいに」 川俣にニュー新川改装オープン

 
新しいのれんを掲げる紺野さん(中央)と丸樹さん(右から2人目)ら

 川俣町の飲食店「ニュー新川」は18日、リニューアルオープンした。

 昨年12月末に閉店の予定だったが、地元有志の支援を受けて営業を継続。6月上旬からは一時閉店し、改装工事を進めてきた。改装では、店の入り口を道路から見えない位置に変更。座席数は従来の約30と変わりはないが、テーブル席とゆとりのある小上がりの席を設けた。定員約60人の宴会場も利用できる。

 本県のブランド地鶏「川俣シャモ」を使った親子丼や特大エビの天丼、「夜のほろ酔いセット」のほか、定食や麺類など幅広いメニューを取りそろえている。9月1日には定員約150人の宴会場も利用開始予定。

 新社長に就いた紺野希予司さん(68)と店長の丸樹勝大さん(29)は「町の中心部にあるニュー新川に多くの人が集い、町のにぎわいにつながっていけば」と気持ちを新たにした。

 営業時間は午前11時~午後2時、午後5時~同9時。月曜日は定休日。問い合わせは同店(電話024・566・2211)へ。