挙式延期...結婚式できますように!福島稲荷神社で仕合わせ祈願

 
「仕合わせ祈願」に参加したカップルら

 新型コロナウイルスの影響で結婚式の延期を余儀なくされたカップルらに無事に結婚式当日を迎えてもらおうと、福島市の結婚式場「クーラクーリアンテサンパレス」は18日、同市の福島稲荷神社で「仕合わせ祈願」を行った。

 18日はカップル5組が参加した。社殿内で神職が祝詞を読み上げ、カップルらに記念品として「招福御守」と「限定仕合わせ祈願御朱印」を手渡した。

 6月に式を挙げる予定だった福島市の大学職員、男性(38)と女性(34)は「入籍だけでセレモニーのようなものがなかったので、このような機会があってうれしい」と話した。

 社殿内では席の間にシールドを設置するなどの感染対策を講じた。仕合わせ祈願は19日も行う。