ネコ駅長・らぶ「猫御朱印」発売へ 7月23日から芦ノ牧温泉駅

 
(上段左から時計回りに)ばす、らぶ、さくら、ぴーちの「猫御朱印」

 芦ノ牧温泉駅を守る会は23日、会津若松市の会津鉄道芦ノ牧温泉駅で、2代目名誉駅長を務めるネコ「らぶ」などをあしらったオリジナルご朱印「猫御朱印」を発売する。同会は「会津観光の記念や旅の思い出にしてほしい」と呼び掛けている。

 全国のローカル鉄道40社が作った独自の印「鉄印」を集める取り組みが10日から始まった。鉄道ファンから「ネコのご朱印も欲しい」との要望があったため、同会が作製した。

 ご朱印はらぶのほか、初代名誉ネコ駅長「ばす」、3月末で退職した元施設長「ぴーち」、今年仲間入りした新人「さくら」の計4種類。一般的なご朱印帳に貼れる縦14.8センチ、横10.5センチの和紙に、らぶらのイラスト、駅長帽や肉球をかたどった朱印、それぞれの名前などの筆文字が印刷されている。文字は会津鉄道OBで県書道連盟会津会長の大関雅堂さん(81)が「地元の活性化につながってほしい」と心を込めて書いた。

 いずれも1枚500円で、駅売店で購入すると駅員が日付を入れて手渡してくれる。

 売店の開店時間は午前8時30分~午後5時。問い合わせは同会(電子メールinfo@ashinomakionseneki.com)へ。