新商品ぬいぐるみ「三春駒くろすけ」 福島ガイナがデザイン担当

 
特産PRのイメージキャラクターを務める「三春駒くろすけ」

 三春まちづくり公社(三春町)は郷土民芸品の三春駒をモチーフにした新商品のぬいぐるみ「三春駒くろすけ」を制作した。イベントの記念品として活用するなど、町をPRするイメージキャラクターとして活用する。

 三春駒は日本三大駒の一つ。坂上田村麻呂東征の伝説から生まれた子どものおもちゃ「子育木馬」が由来とされる。ぬいぐるみは高さ30センチ、幅15センチ、奥行き30センチで、町内のアニメ会社福島ガイナがデザインを担当した。

 黒と白の2種類があり、黒は「子宝、安産、子育て」、白は「老後安泰、長寿」を願う。1体3300円(税込み)で1日に発売したが、すでに50個を完売する人気という。10月ごろに増産、販売再開する予定。問い合わせは同公社(電話0247・62・3690)へ。