自慢の味!飲食店有志が「七夕祭り」 いわきのまちなか活気を

 
ブースを出店している平銀座商店会の飲食店=いわき市

 いわき市平地区の夏の風物詩として親しまれているいわき七夕まつりの中止を受け、飲食店有志は31日から、同市平のひかりパーキングを会場に「うまいもの七夕祭り」を開催している。

 新型コロナウイルス感染症の影響でイベントの中止が相次ぐ中、まちなかの活気を取り戻そうと企画した。2日まで食を通して市街地を盛り上げる。

 肉料理店を展開する「HikoBer(ヒコベー)」社長の渡部安彦さんが発起人となり、平銀座商店会の飲食店などがブースを出店している。「料理人の味を提供し、ワンランク上の祭りにしよう」と各店の料理人が腕を振るった品々が販売されている。

 感染拡大防止を念頭に屋外開催し、出入り口を1カ所に限定した。渡部さんは「行政などに頼りきりにならず、できることをしていきたい。各店の自慢の食べ物を味わってほしい」と来場を呼び掛けている。時間は午前10時~午後9時。