『会津ブランド』ギフトセット販売開始 優れた素材や地域産品

 
1日から販売を開始する「庄助セット」(左)と「まんぷくセット」

 会津の優れた素材や伝統・新技術を生かした地域産品を"本物"の会津ブランドとして認定する「会津 史・季・彩・再」のギフトセットの販売が1日、始まる。認定商品を組み合わせ、第1弾となるギフトセットとした。

 会津ブランド推進委員長の寺内秀也会津若松商工会議所専務理事は「コロナ禍で帰省をためらう人への贈答品などにも活用してほしい」と期待する。

 ブランド認定は2002(平成14)年に始まり、これまで50点が認定されている。認定事業所の意見交換会でギフトセットの開発とパッケージ化が提案され、企画と開発を進めてきた。

 今回はコメ、みそ、しょうゆの定番セット「まんぷくセット」(配送料や梱包(こんぽう)代など込み3000円)をはじめ、日本酒や馬刺し、ラーメンが入った「庄助セット」(同5500円)の2種類を販売する。

 販売は本田屋本店(会津若松市)運営のインターネットセレクトショップ「local to Global」で行う。5日までに注文を受けた分はお盆期間中に発送し、21日までに注文を受けた分は今月中に発送する。

 【ギフトセット内容】まんぷくセット=会津継承米氏郷(450グラム、本田屋本店)会津がんこ米(同、山本商事)会津山吹みそ(1キロ、永井屋麹店)イゲタしょうゆ本醸造(1リットル、林合名会社)▽庄助セット=特別純米酒(720ミリリットル、榮川酒造)会津銘産国産馬刺し(130グラム2個、ハヤオ)喜多方ラーメン(袋2食、喜多方ラーメン本舗)