「中合サテライト」営業終了...若松の歴史に幕 従業員全員退職

 
店舗の歴史に幕を下ろす中合サテライトショップ会津

 会津若松市中町の会津ロイヤルプラザ2階で営業していた中合サテライトショップ会津は31日、営業を終了した。買い物客を前に従業員らが深々と頭を下げ、店舗の歴史に幕を下ろした。

 閉店時刻の午後6時。シャッターが下りた店舗前で買い物客が営業終了を見守った。後藤充志会津営業所長が「支えてくださった会津の方々、長い間ありがとうございました」とあいさつし、整列した従業員6人が頭を下げた。アルバイトで働いた経験があるという同市の女性(69)は「会津からデパートがなくなるのは寂しい」と話した。

 会津の百貨店の歴史は、地元財界有志が共同出資して1963(昭和38)年に開店した「若松デパート」が始まり。若松デパートは、中合との提携で会津中合となった。中合との合併で中合会津店となった後、2010年に閉店した。サテライトショップ会津は13年に営業を開始した。

 後藤所長のほかに従業員6人がいたが、全員退職する。