女性のためのIT講座 就職希望90人受講、会津大オンライン開講式

 

 会津大は7月30日、会津若松市の同大で「女性のためのITキャリアアップ塾」開講式を行った。県内での就職を希望する女性90人にIT(情報技術)を身に付けてもらい、IT業界の人材不足解消と女性の活躍につなげる。

 昨年度まで「女性プログラマー育成塾」として開講していたが、本年度は受講者のニーズに応じて2コースを設定。定員を大幅に上回る166人から募集があった。「IT基礎・ウェブデザイナー」コースで45人、「プログラマー基礎・起業応援」コースで45人が受講する。

 式の模様は、テレビ電話システムで受講生に配信された。会場では塾長の宮崎敏明学長が「挫折することなく最後まで受講し、目標の実現につなげてほしい」と激励。受講生代表の岡島希美さんが「ITは技術とアイデアがあれば性別や住んでいる場所にとらわれずに働ける仕事。この機会を無駄にすることなく、古里福島の発展に貢献したい」と意気込みを示した。

 受講生は今後、自宅での「e―ラーニング」などで技術を習得する。