調理場付近を中心に調査 郡山の爆発、現場周辺の通行止め解除

 

 郡山市島の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で7月30日朝に起きた爆発事故で、県警や郡山地方消防本部などは1日も、店舗や工事関係者を立ち会わせ、総勢約70人で現場検証を行った。同消防本部によると、調理場があった建物の北東側を中心に調査、がれきを撤去しながら関係者の証言を受けて、建物内の配置などを調べた。2日以降も数日行われる見通し。

 現場検証のため、交通規制されていた現場周辺の市道(通称・新さくら通り)は1日午後1時30分、通行止めが解除された。現場近くでは一部交互通行が行われている。周辺では一部通行止めの道路もある。

 郡山消防署は3日、同消防署で、爆発事故の被害者に対し、罹災(りさい)証明の申請受け付けを始める。被害状況の分かる写真や身分証明書などの持参が必要。

 問い合わせは同消防署(電話024・923・8175)へ。